内覧準備

内覧準備で「売れる、売れない」が決まる! | マンション売却

マンションの売却には、内覧準備が重要!

内覧準備(住まい編)

内覧準備で「売れる、売れない」が決まる! | マンション売却

 

マンションをお得に売る秘訣についてお話したいと思いますが、マンション内覧時は重要な山場だと心してかかって下さい。

 

この内覧で「売れるか売れないかが決まってしまう」と言っても良いほどです。

 

そこで、今回はマンションをお得に売る方法として内覧時の住まいはどう準備すれば良いのか、詳しくお伝えします。

 

さて、マンション売却を決めた時点から室内の整理整頓に取り掛かるのが理想的ですが、普段散らかった部屋に住んでいる方でも内覧予定が決定次第ただちに本格的に掃除しましょう。

 

自分では普段より片付けている、と思っても見学に来るマンション購入希望者からしたら「生活感丸出し…」と感じるものです。

 

マンションをお得に売る為には、見学者に所有するマンションを魅力的に感じて貰わなければなりません。同じ間取り、広さでも家具が置いてある時点で実際よりも狭く見えますし、少しでも広く感じて貰えるよう床にはなるべく余計なものは置かないよう片付けましょう。

 

内覧時だけでもOKですからゴチャゴチャしたものは人目につかない収納に仕舞い、スッキリしたスペースを確保します。掃除機をかけ床もピカピカに磨き、「住みたいな」と思われるような清潔感溢れる住まいを目指しましょう。

 

特に掃除に力を入れたいのがリビングです。リビングは住人が普段長時間過ごす憩いの場になりますから、見学者もリビングの印象を重視します。

 

また、不衛生になりがちな水回りもキレイにしておくと好感度がぐっとアップします。その他ベランダも落ち葉や埃が溜まっていると「キレイ好きじゃない住人が住んでいたマンション」と印象が悪くなるので要注意です。

 

 

内覧準備(メンタル編)

内覧準備で「売れる、売れない」が決まる! | マンション売却

 

マンションをお得に売る秘訣、方法として非常に重要なのが内覧時の準備、対応です。

 

まず必ず実践して欲しいのが、物件をピカピカに磨き上げる掃除です。

 

普段からモデルルームのような無駄のない空間演出を心掛けている方はともかく、大半のマンションオーナーさんは生活感溢れる多少ゴチャゴチャしている環境で暮らしています。

 

けれどモノが溢れ掃除が行き届かないマンションは、いくら値段が安くても見学者にとって魅力的には見えませんよね。

 

きちんと片付けられていないマンションは実際よりも狭く見えてしまいますので大変損です。

 

逆に同じ間取りでも清潔感が溢れお洒落なインテリアでまとめられていれば、見学者も「ここに住みたい!」と感じ購買意欲が刺激されます。

 

内覧準備として掃除が重要、と言うのは、実は、メンタル面にも影響するからです。

 

マンションの隅々まで整理整頓、掃除を終え、押入れやクローゼットの中まで徹底的に片付ければ「どこを見られても大丈夫」とリラックスして内覧希望者を迎えることができますよね。

 

反対に直前までバタバタしてとりあえず目につくものを押入れに押し込んで…と言う状態だと、「床の埃に気付かれたらどうしよう!」、「子供の玩具が散乱しているベランダを見られたらどうしよう」と落ち着きを失い、「売主が挙動不審…」とマイナスな印象を与えてしまいます。

 

マンション売却時、少しでもお得に売りたい、と言う気持ちと同時に変な相手には売りたくない、と言う思いも抱くと思いますが、購入する側も怪しい人物からは住居を譲り受けたくない、と感じます。

 

きちんと準備することで精神的にもリラックスし、落ち着いて対応できますから前日までにきちんと片付けを済ませましょう。

 

 

内覧準備(交渉編)

内覧準備で「売れる、売れない」が決まる! | マンション売却

 

マンション購入希望者が実際に部屋を見に来る「内覧」は、マンションをお得に売る為に非常に重要なイベントになります。

 

内覧に来た方が全員購入を決断する、と言うことはありませんが、購入したいと言う気持ちが強い方ほど熱心に質問を浴びせてきます。

 

基本的に間取りや収納の説明などは不動産仲介業者さんが購入希望者につきっきりで行いますが、売主さんが直接質問されたり会話に誘われることもあります。

 

その場合やはり無愛想に対応するのは絶対にNGですが、逆にマンションの魅力をアピールし過ぎてもいけません。見学者の質問には正直に答えて構いませんが、売主がでしゃばりすぎるのはよろしくありません。

 

特にリフォームに関する質問など具体的な交渉案件に関しては、業者さんを必ず通すのが鉄則です。

 

「内覧時に売主がこんな約束をした」なんて後々トラブルに発展する恐れもありますし、内覧段階では正式な取引もできませんから交渉に関しては不動産仲介業者さんに一任しましょう。

 

売主が早く買い手を見つける為に、業者さんが席を外している時に勝手にリフォームの約束をして揉めるケースもたまにあるようです。

 

また当日慌てないよう、事前に「こんな質問されたらどう答えれば良いか」などお互いに話し合っておくことも重要です。

 

和式のトイレやシャワーのついていないお風呂場など、リフォームする余地があるスペース、設備に関しては質問される確率が高いので、売却前に売主がリフォームする意思があるのかどうかなども、打ち合わせしておく必要があります。

 

そもそもですが、マンションを高く売却するには、よい不動産屋を見つけることです。
要は、高く売る気がある、やる気のある不動産の担当者を見つけることができるかどうか。
では、どうやってやる気のある担当者を見つけることができるのでしょうか?

 

カンタンな方法が1つあります。

 

不動産の一括査定サイトを活用する方法です。
無料で利用できるサービスなのでぜひとも利用すべきです。
有名なサービスでは、「イエウール」というのがあります。

 

査定に必要な情報を一度入力するだけで、大手から地元の有力業者が無料で査定価格を出してくれるのです。

 

非常にカンタンに査定価格がでます。

 

担当者から電話がかかってくることが多いので、お話しをすることでやる気のある担当者であるかどうかは判断できます。
また、高い価格で査定してれるところから、非常に安い金額を出してくるところまであるので面白いです。

 

ぜひ利用してみましょう。

内覧準備で「売れる、売れない」が決まる! | マンション売却関連ページ

売却時の出費
マンションを売却するときに気になるのが、売却することによる出費の金額です。ここでは、印紙税、譲渡所得税、仲介手数料、司法書士代などについて触れていきます。
査定時の心構え
はじめてマンションを売却する、という人は多いと思います。そこで失敗や後悔しないためにここではマンション査定時の心構えについて触れていきます。
正直申告
マンションを売る時に迷う判断として、売却物件のマイナス点も不動産業社に伝えるべきか、あえて言わないでおくべきなのか、ということです。ここではそのことについて触れていきます。

ホーム サイトマップ