マンション売却 出費

マンション売却時の出費ってどれぐらい必要?

マンション売却時の出費ってどれぐらい必要?

マンション売却予定の方は「少しでもマンションをお得に売る方法が知りたい!」と強く感じている筈ですが、まずはマンションを売る時に発生する諸々のお金についても把握しておく必要があります。

 

「売るのにお金がかかるの?」と驚かれる方も多いかも知れませんが、マンション売却時の出費を整理しておく作業はとても重要です。

 

今回はマンションをお得に売る為にもマンションを売る際にどんな名目でお金が出ていくのか、というお話をしたいと思います。

 

マンションを売る時の条件はケースバイケースですが、一般的な契約では売買契約書に伴う「印紙税」、3,000万円以上の居住用物件に対する「譲渡所得税」、不動産仲介会社への「仲介手数料」、そして司法書士さんへの報酬…が売主側の出費となります。

 

各項目の費用は物件条件や契約相手にもよりますが、印紙税は1,000万以上5,000万円以下のマンションの場合15,000円と決められています。こういった数字もあくまで現時点での金額、としか言いようがありませんから、契約が近づいたら法改正が行われていないかどうかもチェックしましょう。

 

また、不動産仲介会社への仲介手数料も契約する会社次第で細かい算出方法は異なります。法的に妥当だとされる計算方法では、「マンションの値段の3.15%+63,000円」が上限として決められています。この計算式よりも安い仲介手数料で契約してくれる業者さんもいますし、業者選びの1つの基準と言えるかも知れません。

マンション売却時の出費ってどれぐらい必要?関連ページ

査定時の心構え
はじめてマンションを売却する、という人は多いと思います。そこで失敗や後悔しないためにここではマンション査定時の心構えについて触れていきます。
正直申告
マンションを売る時に迷う判断として、売却物件のマイナス点も不動産業社に伝えるべきか、あえて言わないでおくべきなのか、ということです。ここではそのことについて触れていきます。
内覧準備
マンションをお得に売るためには、内覧準備を軽く考えてはいけません。ここでは、内覧準備の大切なポイントについてご紹介します。

ホーム サイトマップ