マンション 売買契約

マンションの売買契約 | マンション売却ステップ5

マンションの売買契約

マンションをお得に売却する為の6ステップその5、今回は遂にマンションを気に入って購入意思を示してくれた購入希望者との間で交わす「売買契約」についてのご説明です。

 

内覧後物件を気に入っても、「リフォームの問題」や「明け渡し日などの問題」でスムーズに交渉が進まない場合が少なくありません。

 

マンションの所有者としても、自分のマンションをこの価格で売却するならお得だな…と思える金額でなければ納得できませんよね。

 

売却金額も含めこの交渉段階でこじれてせっかくの話がダメになるケースも少なくありませんが、細かい部分まで条件を話し合ってお互いが納得したらいざ売買契約を交わしましょう。

 

売買契約を交わすまではマンションの財産権は売主のものですが、契約後財産権は買主が譲り受けることになります。

 

契約を締結する際には売り主に対して買い主は「払いますよ」と言う口約束や書類のやり取りだけではなく、実際に手付金を支払うことになります。

 

法的に手付金と呼ばれる種類のお金は「証約手付(しょうやくてつけ)」、「解約手付(かいやくてつけ)」、「違約手付(いやくてつけ)」の3種類ありますが、マンション売却時に授受されるのは「解約手付」になります。

 

いずれにしてもこの売買契約を交わしてしまったら、そう簡単に解除することはできません。マンションという不動産取引自体非常に大きな取引ですし、お互いに「やっぱりやめた」というわけには行きません。

 

契約後手付金をそのまま渡したり、あるいは倍以上の金額の手付金を追加で支払うことで手付解除という契約解除に至るケースもありますが、いずれにしても契約は慎重に交わす必要があります。

マンションの売買契約 | マンション売却ステップ5関連ページ

情報収集
マンションという高額な商品を売る場合、どのような点に気をつければ良いのでしょうか?ここでは、一番大切な情報収集について触れていきます。
査定
分譲マンションを売却したいので、いくらで売れるのかを査定をしてもらいたい。でも、どこに査定依頼するのが一番良いでしょうか?ここでは、マンション売却のためのお得な査定方法をご紹介します。
不動産との打ち合わせ
不動産の媒介業者を決定し打ち合わせをするときには何が大切でしょうか?ここでは、どのような点に注意すると良いのかについて触れていきます。
売却&交渉
マンション売却の話が進んでくると交渉などもあります。ここでは物件の公開から物件の申込までのステップについて触れていきます。
物件の手続き&引き渡し
いざマンションが売れたら手続きや引き渡しはどのように行われるのでしょうか?ここでは登記に関することも含め、マンション売却の最終段階について触れていきます。

ホーム サイトマップ